So-net無料ブログ作成
検索選択

恋仲2話 ネタバレ感想あらすじ [恋仲]

7月20日にスタートが始まった月9ドラマ恋仲今回は27日に
に放送した第2話のあらすじ感想を書きます、ネタバレ注意!!

恋仲1話 ネタバレ感想あらすじ

スポンサーリンク





第1話の放送で、三浦葵は、葵の務めている建築事務所に突然訪れてきた

高校時代の同級生で親友の蒼井翔太から食事に誘われ、指定されたレストランへと行く。

そして、そこで葵の小学校からの幼なじみである芹沢あかりが現れ、

7年ぶりに再会した。(このあかりは葵にとって初恋の相手でもあった。

しかし、それは親友の蒼井翔太が自分の彼女として

葵に紹介をするためにセッティングしたものだった。

幼い頃だら高校にいたるまで想いを寄せていたあかりが、

親友であった翔太の恋人という事実を受け入れられなかった葵は、

その食事後の帰り道、富山時代の同級生で何でも話せる仲である金沢公平に電話して

自分の悩みを公平に話した。が!そこには電話で話していたはずの公平が、

葵の自宅マンションの前で立っていた。

仕事の夏休みを利用して、公平は東京で暮らす葵の家に夏の間だけ、

居候しようと勝手に決め、葵になんの相談もなく上京をしてきたのだった。

葵が公平のその勝手なまでの行動力に呆れてると、妹の七海が帰宅してきた、

七海は葵と一緒に住んでいるのだ。

富山に住んでいた頃は七海はまだ幼い少女だったので

公平はすっかり美しい大人の女性になった七海を見て胸が高めていた。

葵はそんな公平の様子見て、幼なじみのあかりに再会して過去の想いがを

思い出した自分の姿と照らし合わせた。

東京にやって来た目的の一つとして、公平は高校の同窓会を企画していた。

同じく公平は翔太のところにも顔を出し、その企画した同窓会に誘っていた。

翔太は医学部を卒業して現在は研修医として病院に勤務していて、

周囲からも評価が高く優秀であった。

一方で、建築士アシスタントとして働く葵は

同じ毎日を繰り返す中で少しつまらなさを感じていた中

7年ぶりに衝撃の再会した幼馴染のあかりの事が気になり、仕事には全く集中できずにいた。

7年前、あかりの父親が経営する工場が倒産して、

夏の花火大会の翌日に姿を消したあかりと再会したことと、

親友の翔太の彼女として紹介されたことに同様を隠しきれないでいた。

そんな時葵に、建築事務所所長の丹羽万里子が、

保育園のリフォームの設計を担当してみないかと葵に話を持ち掛けた。

そんな話を聞いた葵は最初喜んだが、よくよく話しを聞いてみると、

その任せられたリフォームの設計はウサギ小屋のとの事だった。

しかし葵は、そのウサギ小屋のリフォームの設計に真剣に取り組むことにした。

その仕事中に、公平から「同窓会に早く来い」との電話が入る。

だが同窓会には、あかりと翔太も来ていると聞いた葵は、

2人の付き合っている姿を見たくない為、仕事を理由に同窓会を断った。

仕事を終え自宅に葵が帰宅すると、葵の自宅の玄関になぜか知らない靴が大勢並んでいた。

そこにはあかりや翔太らがおかえりと言わんばかりに待っていた。

shuugou1.jpg
http://hitmee.info/koinaka-kansou-arasujinado-3269より引用

そして、あかりと翔太が付き合うまでの馴れ初め話を聞かされたり、

水泳部の中心選手として高校時代は自分のほうがも活躍し、

活躍をしていた立場であったのに、今となってはすっかり翔太に差をつけられてしまった葵は、

やるせない想いに、自分が情けないという気持ちで一杯になった。

そして葵の家からあかりが帰る時に、あかりを葵が送って行くことになった。

話しは7年前の花火大会の時の事を話す2人。

葵はあかりに「翔太は医者だし、将来安泰で良かったな。あの日だって、

お前と翔太が抱き合っているのを見て、2人が両想いだったこと知ってたし」と話すと、

あかりは葵に、「翔太が医者だから付き合ってると思ってるの?

あの日だって、そもそも私を誘ったのは葵のほうでしょ。それに、次の年の夏だって。」

と話す。せっかくの再会を喧嘩別れで終わってしまう形になる。

そしてあかりが言った「次の年の夏」という言葉を葵は気になりはじめる。

そして、葵の部屋で行われた同窓会の時、葵の元彼女の冴木瑠衣子が

葵の部屋にやってきた。以前、他に好きな人ができたと言い葵を振った瑠衣子だが、

付き合った彼氏とうまくいかず、その後に葵と寄りを戻したいと考えていた。

そんな中であかりに会い、2人の関係に友達とは違った雰囲気を感じた瑠衣子は、

喧嘩して自宅に帰って来た葵に対して、「キスして」と抱きついた。

スポンサーリンク





後日、公平の計画で一度は話しがなくなった、葵、あかり、

公平、の3人で映画を観に行く約束が実現することになった。

が、当日、急に公平が腹痛になり、葵とあかりは2人きりで映画を観に行くこになる。

147a57de064a5ae4449ea9f3de0692ae.jpeg
http://hitmee.info/koinaka-kansou-arasujinado-3269より引用

映画の内容があまりおもしろくなかったことや、笑うところのポイントが同じだったことから

7年前の自然な関係を取り戻し葵とあかりはお互いの現状を語り合った。

あかりは大学に通いながら働き、教員免許の取得を目指しているという。

そして葵は、大規模なテーマパークの設計をやっていると同窓会の日には、

大見栄をきって嘘をついていたが、本当のことをあかりには伝えようと思い、

現在やっている仕事はウサギ小屋の設計だということあかりにはを正直に話した。

一方その頃、翔太は公平からの電話をうけていた、そして葵とあかりが2人きりで映画に行ったことを知る

翔太は不安な気持ちで落ち着かなくんる。その理由は7年前こと。

あかりが急に姿を消した花火大会の翌日、あかりが葵の高校の机の中に入れておいた漫画

「ワンピース」51巻を、葵よりも先に翔太は偶然に見つけてしまい

あかりから葵に宛てたメモが挟んであったのを見てしまっていたからだった。

そのメモにはこう書いてあった、「ずっと好きでした。来年の花火大会の日、同じ場所で待ってます。」

と、あかりの葵への気持ちがつづってあった。そしてそのワンピース51巻とメモは翔太が持って行ってしまったため

7年前のその時に、あかりの気持ちが葵に届くことはなかった。

映画を見た帰り道、あかりの自宅の前まで帰ってきた2人。

あかりは葵に、「今日は楽しかった。葵に会えてよかった」と言う。

あかりは素直に自分の気持ちを葵に告げた。そして、葵も何かを告げようとしたその時

翔太が2人の帰りを待っていた、そして、

あかりは俺の女だというような感じで、「今日も泊まっていっていい?」

「昨日も夜遅くまで勉強していたから、映画は眠かったでしょ?」などと、言葉を言った。

そして「よかったら葵も一緒に酒でも飲んで行くか?」と、ライバル心」むき出しの翔太の誘いを断り、

あかりと翔太の関係を再び再認識させられる。

勿論、ここで葵はまた落ち込んでしまいそこで第2話終わり。

今後もこの、葵、あかり、翔太の三人の三角関係は

どんどんと状況を加速させていきそうですね!

しかしこの恋仲、初回の視聴率がなんと9.8%と一桁のようです。

月9でも異例の数字との事、これから挽回をしていくのですかね!

葵と翔太の関係も大丈夫なのでしょうか?

楽しみになってきますね!

『恋仲』関連の記事一覧

福士蒼汰富山で月9ロケ目撃 は新宮川駅!?
恋仲2話 ネタバレ感想あらすじ
恋仲3話 ネタバレ感想あらすじ
恋仲4話 ネタバレ感想あらすじ
恋仲5話 ネタバレ感想あらすじ
ドラマ『恋仲』でばっさーが着ていた浴衣ってどこの?

スポンサーリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... デフレスパイラル

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。