So-net無料ブログ作成
検索選択

探偵の探偵4話 ネタバレ感想あらすじ [探偵の探偵]

topics06_1.jpg
http://blog.fujitv.co.jp/tantei/E20150617001.htmlより引用

探偵の探偵3話 ネタバレ感想あらすじ

前回では阿比留率が梨央ちゃんを救出の為、工場の前で揃ったところ
で終了した『探偵の探偵』4話ではこの展開がどうなっていくのか
感想やあらすじをかいてみた、ネタバレは注意!!

探偵の探偵3話 あらすじ感想ネタバレ

スポンサーリンク





以前、起った事件、日銀総裁の孫、梨央ちゃん誘拐事件。

梨央ちゃんの誘拐犯が身を潜めているとみられる工場に、阿比留綜合探偵社、阿比留佳則

の指揮の元、坂東志郎や警視庁の捜査員たちがその工場に次々と潜入していく。

その捜査員の中には、阿比留の捜査のやり方がおかしいと思い、反発をしたところ捜査から外された

窪塚悠馬も密かに紛れ込んでいた。

そしてこの光景は刑事ではなく、探偵の阿比留の指示に捜査員全員が従っているという変な様子。

この事実が、窪塚が捜査本部の上層部に異議申し立てをし、捜査から外されたのだが

他の捜査員達はその事にたいして何も不思議とは思わず

阿比留の指示に従い、犯人がいると思われると工場内へと向かった。

そしてその時、工場内に緊迫したた空気が張り詰めた、コツコツという足跡が聞こえ。

捜査員達が構え、その足音のする方向を見ると

傷だらけの紗崎玲奈が鉄パイプを持って、険しい表情で立っていた。

24768062_0.jpeg
http://top.tsite.jp/news/o/24768062/より引用

玲奈は阿比留の前まで歩いて行くと、横にいた警視庁の嘱託医、矢吹洋子を見て

「妹と峰森琴葉が世話になったな」と言い放ち、

手にしていた鉄パイプで洋子の頭部を目指し振りかぶった。

急な出来事に、捜査員達は何の状況かを判断する事ができず茫然としていた。

その隙に玲奈は一瞬のうちで身を翻して走り去った。その後を窪塚が玲奈を追う。

一方で阿比留は、自分が仕掛けておいた誘拐事件の張本人

梨央ちゃんの事を救出するべく自作自演した数々の仕掛け、

玲奈に先回りをされ崩されてしまった事に気がつき

慌て始める、そして、刑事達をその場で待機させて

阿比留は梨央ちゃんを監禁していた場所に向かった。

そして、そこに阿比留の自作自演を全部見抜いていた玲奈が立っていた。

監禁部屋の中から梨央ちゃんを救出した窪塚も現れ、

「先日の津島元副総監の相続問題も、この梨央ちゃん誘拐事件も、

全てはお前の自作自演。今の会話は全て録音した。もう諦めろ」と阿比留にいった。

急な展開で追い込まれた阿比留は、工場内に火を放ち逃走をしようとする。

だが、そこはまた玲奈が行く手を先回りし阿比留を追い詰める。

玲奈は阿比留の経歴を全て調べ尽くしていた、阿比留の正体をすべてさらけ出し、

「お前が咲良の居場所を教えた”死神”なのか?」と聞いた。

しかし、阿比留は『死神』ではなかった。

玲奈が妹の敵討ちに焦っている気持ちを利用して

玲奈の事を陥れようとした作戦だったのだ。

工場での格闘の末、阿比留のことを玲奈は倒した。

玲奈が帰ろうとすると、窪塚から、「君も探偵なのか?」と聞かれた玲奈は

「探偵は事件なんか解決しない」と言って消えていった。

その後、阿比留は逮捕、データの改ざんしたと見られる矢吹も検挙をされた。

そして警察側は、阿比留に捜査の委託した事を全て隠した。

梨央ちゃんの誘拐事件が解決してから1ヵ月後のこと。

玲奈は、「スマ・リサーチ」社の同僚、桐嶋颯太に背中を押され、

それまで琴葉の見舞いに行くことを避けていたが見舞に行くことに

矢吹が仕組んだ罠によって、極秘に捜査本部が捜索するという家に一緒に向かった玲奈と琴葉は、

潜伏していた阿比留の手先、下田の手によってかなりの重傷を負わされていて、

今もまだ入院中だった。

琴葉の病室の前まで来た玲奈は、何やら中からは楽しげな声が聞こえてきたのがわかった。

家族に囲まれ見舞われていた、琴葉の幸せそうに笑う姿を見て

玲奈は、琴葉に声をかける事なく病院を後にした。

そこへ、「スマ・リサーチ」社の須磨康臣から電話がきた。

「対探偵課に回したい仕事が入って来た、一人で大丈夫か?」

と問われた玲奈は「一人じゃありません」と言った。

その手の中には、琴葉から渡されていた白熊のポーレットが握られていた。

スポンサーリンク





そして時は経過して、1年後の2015年の話しななった

玲奈が所属していた対探偵課は以前と変わらず机が2つ並べてあった。

が、琴葉が使用していた机はすでに片付けられていた。

玲奈は、東京都北区の赤羽に根城をはる悪徳探偵

堤暢男のマンションにいた。

堤が、安い報酬でストーカー相手に、所在調査の依頼を受ける代わりに

その条件として、ストーカー男が女性を陵辱する動画を渡している事実を知り

堤のマンションまで乗り込んで来たのだ。

そして堤に対して、動画は全てPCから抜き取り、

事件の事を調べているマスコミに送ったと言う玲奈。

そして、堤に対して自首をしろと言う、がそれに対して堤は、

依頼人で、木梶愛莉という名前の女性をさらったストーカー

檜池泰弘(ひいけ やすひろ)というストーカーの情報を渡すから

この状況から立ち去れという取引をしてきた。

他の探偵にもストーカーのターゲットとする女性を以来している

檜池を捕まえれば、玲奈が探している悪徳探偵も芋づる式に見つかるだろうと。

玲奈は事務所に戻り社長の須磨に直々に交渉をし、檜池の事を追いたいと言った。

それに対して須磨は、それは対探偵課の仕事ではないとしりながらも

妹の敵をとるために『死神』を見つけたいという玲奈の気持ち知り、仕方なく了承した。

そして、須磨は「檜池の情報は何かあるのか?」と聞くと

堤のPCから抜き取った写真を玲奈は須磨に見せた。

須磨は、その檜池という男の顔に見覚えがあった。

その男はついさっきまで「スマ・リサーチ」社の探偵課に、

行方不明になった妹を探してほしいと頼みに来ていた男だからだ。

探偵課員の協力により、画像から、檜池の拠点が東京都足立区であることがわかった玲奈は

早速、檜池の拠点に向かった、そしてその檜池の拠点のビルの一室に

行方不明の木梶愛莉という女性が監禁をされていた。

そこから格闘の末、檜池の事を倒した玲奈は、木梶愛莉に110番通報させ

「警察がすぐに助けに来る。私のことは忘れて」と言い

『死神』に繋がる証拠がないかと部屋の中を調査をした。

すると、『死神』が、咲良の事を殺害した時に岡尾に渡した調査報告書と同じ体裁

筆跡の調査報告書が、なんと檜池の部屋から見つかったのだ。

その調査報告書を手に取り、その部屋を後にし玲奈は姿を消した。

その調査報告書を手掛かりとなって、『死神』の何かに近づく事はできるのか。

今後、『死神』の正体が気になってきますね!

探偵の探偵一覧

探偵の探偵1話 ネタバレ感想あらすじ
探偵の探偵2話 ネタバレ感想あらすじ
探偵の探偵3話 ネタバレ感想あらすじ
探偵の探偵4話 ネタバレ感想あらすじ
探偵の探偵5話 ネタバレ感想あらすじ
探偵の探偵6話 ネタバレ感想あらすじ

スポンサーリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... デフレスパイラル

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。