So-net無料ブログ作成
検索選択

山陽道のトンネル事故!トラックの運転手の現在!! [事故]

17日、山陽道の八本松で起きたトンネル事故
現在、事故を起こしたトラックの運転手は
何をしているのか?山陽道を仕事で運転して
いたのか、運転手はトラックで何をしていたのか。
など、色々と調べてみました。

スポンサーリンク







000070635_640.jpg
http://aircube.blog.so-net.ne.jp/2016-03-18-06より引用



■事故を起こした運転手は?



広島県東広島市にある山陽自動車道の

トンネルで起こってしまった、多重衝突事故。

この事故によって2名の方がお亡くなりになりました。

このことで過失運転致死の容疑で逮捕されたのが

トラックを運転していた、皆見成導容疑者です。

皆見容疑者はトンネルに入る際に渋滞があることは

認識をしていたようだが、事故を起こしてしまった

ということだ、皆見容疑者は事故を起こした件について

間違いありませんと容疑を認めている

ということだそうです。

皆見容疑者は2月に数回、過労状態で

運転をしていたこともあったそうで、勤務先の

運送会社でも義務付けられた健康診断を

受けていなかったということがわかったそうです。

皆見容疑者が山陽自動車道を走行っしていたのは

埼玉県の運送会社から福岡市に引っ越しの

荷物を運ぶ途中であったという話です。

皆見容疑者は事故衝突後、自分のトラックと

前方の車から火が出ていることに気づいたとのこと

そしてトラックから自力でおりて避難をしたようです。

その後、東広島医療センターで治療を受けた後

自分が運転をしていたと名乗りをあげたそうです。

■勤務先の運送会社は



この事故をおこしてしまった

皆見成導容疑者の務めていた会社は

埼玉県川口市にある運送会社のようです。

今回の事故を起こしてしまったことによって

この運送会社「ゴーイチマルエキスライン」の

捜査があったようですね、捜査は午前8時15分から

午後2時10分までおこなわれたそうです。

この捜査によって運送会社「ゴーイチマルエキスライン」

から運転日報などを含めた約110点が押収されたみたいですね。

スポンサーリンク





■事故の不思議な点



今回、この事故が起こってしまったのが

3月17日のことです、山陽自動車道の

八本松トンネルで渋滞中の車の列に

トラックが突っ込んでしまい、トラックを含む

5台が炎上トンネル内は大惨事という事に

なってしまいまいした、このことによって

2人が死亡67人の方が怪我をしてしまったという

大事故です、この事故の不思議なところに

ブレーキの痕が残ってなく、トラックが

50m以上進んだということが浮上しています。

皆見容疑者の話では渋滞をしていたのは

認識をしていたという話だったのですが

普通、渋滞をしていればブレーキを踏むはずです。

にもかかわらず、止まるどころか、50mもの距離を

進んでいたトラック、警察はこのことを

引き続き取り調べなどで調べていき

事故の原因を見つけていくそうです。

■まとめ



大惨事になってしまった、山陽自動車道の

大事故ですが、運転手の過労からくる

居眠りなど色々なことが考えられるのでは

ないでしょうか、勿論、勤務先の運送会社にも

問題などはあると思います。

健康診断などの義務づけられたことを

受けさせていなかったのも問題です。

少しの気の緩みが大事故につながります。

事故は1つでもなくなった方がいいものです。

事故がすべてなくなるというのは

難しいことかもしれませんが

少しの心がけで事故は減らせるとも思います。

気をつけて運転をしましょう。

関連記事

広島、山陽道八本松トンネル事故!

高崎線の籠原駅火災!原因は一体なんだった!?

NHK山形のお天気お姉さんが号泣した理由は何?(動画あり)

■目次にもどる

スポンサーリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... デフレスパイラル

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。